Montegrappa Team
space

注目のロードバイクをご紹介する「FEATURED BIKES」。


ロングセラーのアルミエントリーロード「Montegrtappa」から、フルモデルチェンジを果たし、新モデルとして、2017年にラインナップに加わった「Montegrappa Team(モンテグラッパチーム)」。

Montegrappa Team
space

「Montegrappa team」は、快適性と操作性の向上を目的として、エンデュランスカーボンロードGTRシリーズの最上位モデルであった「GTR SL(グランツーリズモRエスエル)」とほぼ同型のフレーム形状を採用したアルミロードです。

Montegrappa GTR SL
エアントリーアルミロード「Montegrappa」 エンデュランスロード「GTR SL」

フォークをフルカーボン製に変更し、シートステーの接合位置を下げてコンパクトにしたリア三角により、振動吸収性と剛性を向上させています。
ヘッドチューブやシートチューブなどの接合部に溶接痕の少ない美麗なフレームにするために新たな溶接技術を施しています。

Montegrappa Team Montegrappa Team Montegrappa Team
トップチューブのイタリア三色旗 フルカーボン製フォーク 25c装着可能なクリアランス
Montegrappa Team Montegrappa Team
コンパクトなリア三角 溶接痕の少ない滑らかな接合部
Montegrappa Team Montegrappa Team
シフトワイヤーはダウンチューブに内蔵 内蔵されたシフトワイヤーはBB下部から外出し

フレーム素材には、適度な剛性と強度、高い耐久性を持つ6000系アルミを採用。
昨今、主流の25cタイヤも装着できるように、フォーク、シートステーのタイヤクリアランスを拡張しています。


カラーは、シルバーの他、レッド、マットブラック、ホワイトの4種類がラインナップ。

Montegrappa Team Montegrappa Team
Montegrappa Team(レッド) Montegrappa Team(マットブラック)
Montegrappa Team
Montegrappa Team(ホワイト)
space Montegrappa Team space

Montegrappa Team:SHIMANO 105/WH-RS100 完成車 ⇒ 価格170,000円(税別)

カラー シルバー、レッド、ブラック、ホワイト サイズ XXS, XS, S, M
フレーム アルミ ダブルパテッド フォーク カーボン
ハンドル RITCHEY COMP CURVE シフター SHIMANO ST-R7000
ステム RITCHEY COMP 4AXIS ブレーキ SHIMANO BR-R7000
サドル prologo SCRTCH RS クランクセット SHIMANO FC-R7000
(50-34T)
シートポスト RITCHEY ALLOY 2BOLT Φ27.2 チェーン SHIMANO CN-HG601
ホイール SHIMANO WH-RS100 Fディレイラー SHIMANO FD-R7000F Φ31.8
タイヤ RITCHEY COMP RACE SLICK 25C Rディレイラー SHIMANO RD-R7000SS
B・B SHIMANO SM-BB72 スプロケット SHIMANO CS-R7000(11-30T)
space
Montegrappa Team Montegrappa Team
SHIMANO 105 フロントディレイラー SHIMANO 105 リアディレイラー
Montegrappa Team Montegrappa Team
SHIMANO 105 ブレーキ RITCHEY製のハンドルバーとステム

コンポーネントは、105をフル装備し、ハンドル、ステム、シートポストは、すべてRITCHEY(リッチー)製を、サドル、バーテープは、Prologo(プロロゴ)製を採用し、スペック、デザインともに統一感のとれたモデルに仕上がっています。
完成車重量:実測8.7kg(ペダル無し)
スペックの詳細や、ULTEGRA(アルテグラ)完成車などにつきましては、コチラをご覧ください。

ー 以下は、スタッフの個人的な感想です。


7000系は高価で、6000系は安価というイメージだったので、フレーム素材が「Montegrappa」では、7000系アルミだったのに、なぜ「Montegrappa Team」で6000系アルミに変更されているんだろう?
コストカットか…?と思い、アルミ合金について調べてみた。


高剛性・高強度な7000系は、レーシングバイクに適しているものの、耐食性・腐食性に注意が必要らしく、耐久性を考慮した場合、フレームのチューブにある程度の厚みが必要になると。
そうすると、バイクの重量が重くなる。で、さらに硬くなる。乗り味に快適性は無くなる…と。
一方、6000系は、耐久性、強度のバランスが取れていて、さらに加工が容易。
と、ここまでで、6000系への変更の理由がだいたい理解できた。
コストカットによる販売価格を抑えるためというのもあるだろうけど、6000系を採用した理由は、利点であるそこそこの剛性による振動の緩和と、薄いパイプでも耐久性があることからの軽量化、さらに加工の容易さによるカーボンフレーム「GTR SL」のフレーム形状の再現、接合部に溶接痕の少ないフレームと、アルミロードにしては、快適で、軽量、おまけにキレイなフレームに仕上げるためだったんじゃないかと。


「Montegrappa Team」は、贅沢なアルミロードだと思います。
2016年に「CYCLING PLUS MAGAZINE」の年間最優秀賞に輝いた、かつてのエンデュランスロードの最上位モデル「GTR SL」のフレーム形状をほぼそのままに、アルミで作ってしまって、なんて贅沢な!
ロードバイクのフレームの開発や設計・テストから製造って、莫大な費用と時間がかかるのが常です。
性能の良いフレーム形状を下位モデルでも使っちゃえば、コストも削減できてイイ感じと思われるでしょうが、カーボンの場合でもグレードを変えれば、スペックも変わり、最適なカーボンの積層や使い方
を決めるだけでも大仕事、ましてや、素材が異なれば、強度も剛性も、すべてが変わるから、形だけ同じでOKなんてことは、あり得ませんし、許されません。
もちろん、「GTR SL」の性能の全てを踏襲できてはいませんが、操作性とより快適な走りを実現していでいます。最初の1台としてオススメできるバイクです。

space space
アフターサービスのご案内
お問い合わせ