Superleggera
space

注目の最新ロードバイクをご紹介する「FEATURED BIKES」。


人気の軽量オールラウンドロード「Zero.9 LTD(ゼロノヴェ リミテッド)」に、2019年のNEWカラー"マットブラック/イエロー"が追加発売されました。

Zero.9 LTD
space

NEWカラーは、ウィリエールが昨シーズンからバイクスポンサーを務める、UCIプロチーム ディレクトエネルジーの"ヒルクライマー"リリアン・カルメジャーヌの駆る「Zero.6」をインスパイアしたカラーデザインです。

リリアン・カルメジャーノ リリアン・カルメジャーノ
カルメージャーニ専用の Zero.6 リリアン・カルメジャーニ/Lilian Calmejane

「Zero.9 LTD」は、ウィリエールのラインナップにおいて、エアロロードバイク「Cento(チェント)」シリーズと双璧を成す、軽量オールラウンドロードバイク「Zero(ゼロ)」シリーズの末弟モデルとして、フラッグシップモデル「Zero.6」、「Zero.7」のフレーム設計を受け継ぎ、使用する「Zero.7」と同質のカーボンの積層を調整し、エンドユーザーの乗り易さを求めて改良を施したコストパフォーマンスに優れた日本限定販売のミドルグレードモデルです。
「Zero」シリーズのモデル名に含まれる、6、7、9の数字は、フレーム重量を指し、この「Zero.9 LTD」は、980gとミドルグレードとしては軽量に仕上がっています。

ー 以下は、スタッフの個人的な感想です。


一昨年前、プレ展示会で初めて見た時の印象は、性能は、別として、近年の流行とはいえ、シンプルだなぁ…と。
ブルーは、今までに無いカラーで爽やかなイメージ。
ホワイトは、白が好きな人がいるから、まぁ、OK。
マットブラックは、カッコいいけど、ド定番で無難。なので微妙。
というのが、あくまでも個人的ですが、これが正直な感想でした。
性能自体は、上位モデル譲りの形状と乗りやすさを考慮し、カーボンの積層を改良したこともあり、ご購入いただいたユーザーの皆様からの評判も大変良好でした。
しかし、個人的な感想ですが、カラーリングにウィリエールらしさが薄いような気がして…。


でも、今年はやってくれました!
マットブラックにイエローと、ウィリエールでは、珍しくないカラーデザインですが、細身のフレームがよりスマートに、バイクの軽さや切れ味の良さがカラーリングに再現されているような印象で、イタリア語で記されたジャパン・リミテッドの証や、かつてのウィリエールのレーシング部門「レパルトコルサ」のロゴ、カーボンのグレードやテクノロジーを表すアイコンのペイントなど、日本限定モデルならではのデザインを生かす"映える"カラーが、遂に来たっ!て感じです。


マルコ・パンターニが使用したKarbon2をはじめ、Montegrappa、Izoard XP、Cento1、Cento1SR、旧Zero.7、Zero.7、GTR SL等、今年もCento10PROと、これまでに"イエロー"を使ったカラーデザインのモデルを多く発売してきたこともあり、"イエロー"は、ラマートやレッドに次ぐ、ウィリエールのカラーだと思っている私としては、今回の「Zero.9 LTD」の新カラーは、大満足のかっこ良さです!
ウィリエールらしさ全開の新カラー、おすすめです!

space
Zero.9 LTD
Zero.9 LTD Zero.9 LTD
ヘッドのアラバルダ(三叉槍)もイエロー トップチューブにトリコローレとTECHアイコン
Zero.9 LTD Zero.9 LTD
フォークにウィリエール レパルトコルサのマーク シートチューブにイタリア語で"日本限定"
space space

無金利ショッピングローン spaceZero.9 LTD プントロッソ東京 オリジナル特別仕様完成車」のお支払いに金利手数料0円のショッピングローンをご利用いただけます。
最大24回まで、分割払い手数料を当店が負担致します。
詳細につきましては、お気軽にお問い合わせください。

space space
アフターサービスのご案内
お問い合わせ